OSなしの中古パソコンを購入するメリットはあるのでしょうか?OSなしパソコンはある程度の知識がある人にオススメ

中古パソコンの中には、価格を下げるためにOSをインストールしていない状態で販売されているものもあります。こうした製品を購入するとしたら、価格面以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、パソコンに詳しくない人は購入をオススメしません。OSのインストールを自分でしなければなりませんし、ドライバなども自力で探してくる必要があるからです。この説明が分かりにくいというのでしたら、あなたはOSなしのパソコンを購入しても使うことができませんので、やめておいた方が無難でしょう。
パソコン自作の経験があり、なおかつ手元にWindowsのライセンスが余っているようでしたら、購入を検討してみるのもいいかもしれません。自作経験があるのでしたら、ドライバをどのようにして入手するかについてもある程度理解しているでしょうし、OS購入のコストも必要ありません。せっかく購入したWindowsを手元で遊ばせているくらいならば、何らかの形で使用してしまった方がいいかもしれません。
そして、Linuxについてある程度の知識を持っているようでしたら、OSなしの中古パソコンは結構な「掘り出し物」になるかもしれません。ディストリビューションにもよりますが、Linuxは最近のWindowsと比較して要求スペックが低いです。つまり、最新のWindowsの動作条件を満たしていないような古いマシンでも使用できるということです。加えて、Linuxは無料で入手できます。こうした古いマシンは基本的に安価ですので、Linuxをインストールすることで激安情報端末を作ることも可能になってきます。LinuxはWindowsと違い、トラブルが起きた場合には自力で対処しなくてはなりませんが、Linuxについての知識を持っている人なら対応できるのではないでしょうか。
いずれにしてもOSなしの中古パソコンは、パソコンに詳しくない人や、スキルのない人にはオススメできません。ある程度のスキルを持った人が購入することで、真価を発揮するのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ