メーカー製の中古パソコンが安全なのでむやみやたらに手を出さないようにしよう!

中古パソコンといってもその種類はいろいろあります。パソコンの形状や年代のほかにもどこで販売製造されたかで、また価値が変わってきます。ここではメーカー製の中古パソコンとそれ以外の特徴とその違いについて説明します。

●国内のメーカー製が一番無難

中古パソコンには様々なメーカのものがあります。しかしよほどパソコンに精通しているのでないならば、国内大手のブランドメーカーが製造販売したパソコンを購入するのが一番です。なぜかと言うと海外の格安メーカーパソコンは確かに安いですが、日本製に比べると当たり外れが大きいと言う特徴があります。もしはずれを引いてしまうと1年も満たないうちに故障してしまうこともあります。パソコンを修理すると意外に高い料金を取られるので、中古パソコンをある程度長い期間使いたいのであれば国内メーカのものにしましょう。海外などの格安メーカのものは新品で買うほうがコスパがいいです。

●ショップブランドのパソコンってどうなの?

パソコンショップが独自で製造販売している中古パソコンも最近では多く出回っています。同じ性能機能で比較してみると国内の有名メーカー製のものよりもかなり安いです。しかしネット上の評判や口コミを見てみるとショップブランドのパソコンは故障しやすいようです。

しかしあなたがパソコンのパーツや内部構造にある程度知識があるのなら、壊れたとしても自分で修理をすることは可能です。なぜならショップブランドのパソコンは市場に多く売られているPCパーツで組み立てられているからです。ですから故障しても修理や交換に使えるパーツが見つけやすいと言う特徴があるのです。

●自分の知識にあわせて選ぼう

自分のパソコンに対する知識にあわせて購入することが中古パソコン選びでは一番大事なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ